ヒロミ松本伊代の息子|高校野球?ブサイク?長男・次男・嫌い?態度?大学?

今回は、ヒロミさんと松本伊代さんの息子(長男・次男)の事や色んな話題のエピソードをまとめました。話題が多い家族なので何記事かに分けて書こうと思います。

ヒロミ

本名:小園 浩己(こぞの ひろみ)

生年月日:1965年2月13日

年齢:50歳

出身:東京都八王子市

血液型:A型

身長:175cm

ヒロミさんと言えば、毒舌キャラとして今は大活躍していますよね。

ヒロミは2004年に実業家に転身してからは、テレビから姿を消していた

この時、芸能界引退か?!などと話題になっていたのですが、実は、芸能界を干された!その原因・理由をしくじり先生で暴露していました。「10年間テレビから姿を消しちゃった先生」として出演。

スポンサーリンク

芸能界を干された原因・理由

ヒロミはその絶頂期に週10本のレギュラーを抱え、しかもそのすべてがMCでの起用であったことから最高月収6000万を超え、いわゆる「天狗」な状態であった

WS000459

後輩タレントやスタッフたちに無自覚でパワハラをしていたことを告白。

特にフザケて「腹パンチ」を連発していたせいで、丸くなった今でさえも警戒されることが多く、「SMAPの木村くんは、今でも僕に会う時に、腹筋に力を入れているそうです」

ヒロミさんを見た瞬間腹筋に力を入れていたのはキムタクだけじゃないという事ですね。通りすがりに腹パンとか酷過ぎ~。泣いてまうやないかい!

そうした傍若無人ぶりに対して批判的な声が強まったことから、レギュラーのすべてを失った

大御所とは仲良かったというヒロミさん。それが余計に後輩や若手スタッフの反感を買ったとか。暴言も全力なので、冗談が本気に聞こえる。言われた人はトラウマに。
パワハラの自覚がなかった。

約10年に及び芸能界を離れていた理由について、テレビのスタッフとモメて、干されたことが原因だったと明かした

仕事ができる人でも、人気者でも、こういった人は葬り去られるのですね。まだ、まともな世界なんだなとちょっと思ったり。

ヒロミは、心機一転、ジム経営者へと転業。そこで経営者として過ごすうちに、優しさや労りの心を持つようになったというエピソードを激白した。

ヒロミはカーヴィーダンスで知られる樫木裕美さんが以前所属していたトレーニングスタ ジオを経営するなど、複数の事業に携わる芸能界きっての実業家としても知られる

WS000460

芸能界を引退してジム経営で成功。かなり儲かっているとたびたび話題になっていたヒロミ

WS000454

株式会社ビィーカンパニー代表取締役社長である。

今のヒロミさんは、毒舌だけど、優しい感じしますよね。色んな経験をして丸くなり今では、絶妙なバランスで活躍をされています。見ていて楽しいですわ。今のヒロミさんは、ネット上でも視聴者からも高評価です。今では、全ての人に感謝するようになったと言っています。

「誰も怒ってくれる人がいない状態が一番危険」と語ったヒロミ。

確かに。大人になると誰も叱ってくれないですよね。叱ってもらっているうちが華やで!というのが大人になってわかる。あ、そうそう。芸能界への復帰のきっかけは嫁の松本伊代さんでした。

WS000461

テレビを見て「俺だったらこうやってるのになあ」など文句を言うヒロミに「そこでそんだけ言っているなら出てしゃべりなよ」とさらりと言ったのだとか

大学生の息子が将来「オレ、有吉になりたい」と言ったことを明かし、“元祖・毒舌家”としては、辛口で鳴らす2人の活躍に黙っていられない様子

実業家としても成功したヒロミが再びテレビ番組に出始めたことについては「有吉と(坂上)忍のせい」ときっぱり

有吉さんと坂上忍さんのせいで芸能人魂に火がついちゃったんですね。奥さんだけじゃなく、息子さんなど色んな物が絡みあって芸能界に復帰したいと思ったんですね。

嫁・松本伊代

出生名 松本 伊代

別名 小園 伊代(本名)

生誕 1965年6月21日

出身地 日本の旗 日本・東京都大田区

学歴 戸板女子短期大学卒業

ジャンル アイドル歌謡曲

職業 歌手、女優

活動期間 1981年 – 現在

あまたの人気アイドルが輩出した“花の82年組”の中でも、飛び抜けた存在感で数々のヒットを放った彼女

アラフィフ世代のアイドル、松本伊代

昔のアイドル時代から考えると年相応の老け方ですが、おキレイです。しかも、可愛さもあって魅力的な女性です。

WS000453

WS000452

松本伊代さんと言えば、ヒロミさんから宇宙人と言われているのですが、変わった行動が多い事から発達障害なのでは?という話も出ています。個人的には可愛いし面白いし好きですけどね。発達障害とかどうでもいいレベルに松本伊代さんが好き。w

WS000442

1993年にヒロミさんと結婚しました。良き妻であり、良き母親として現在も頑張っています。

おしどり夫婦と知られるヒロミと松本

WS000444

ヒロミの芸能界での仕事が激減した2005年以降、2人の子どもを抱えながら夫を支え続けたのは妻である松本伊代であったことは間違いない。

ヒロミさんが芸能界を休んでいる間も責めずに見守っていた。

先行きが不安な中で、「何やってるの」、「働かないの?」などとヒロミを責めたことは一度も無いそうだ。

毎日ブラブラしていても、「パパ、今日は何して遊ぶの?」と声をかけていたという。

ヒロミさんがやることには、一切口を出さないで、ただただ温かく見守ってきた。素敵すぎる最高の奥さんですよね。「パパ、今日は何して遊ぶの?」は伊代さんらしいですよね。めっちゃ可愛い。二人は結婚20年以上ですが、今もラブラブ夫婦です!

たまの夫婦水入らずの時間があると“今日は夫婦デートの日なの”ってオシャレして出かけるんです

WS000440

お互いの好きなところは?という質問に対しては、松本伊代さんは「一見乱暴なイメージだったけど、実は意外にマジメでやさしいところ。」、ヒロミさんは「全部。」というお答えでした

「ママは生きていてくれればいい。料理がうまいとか、家事はどうでもいい」「かわいいよ、ママ」と、取材陣の前でのろけを連発した

ヒロミさんも伊代さんもお互いに尊重し合っていますよね。お互いに完璧を求めないからこそ続けられる関係だと思います。理想の夫婦ですよね~。甘いわ~。

テレビに夫婦で出演した際も「理想の夫婦」という声が多くよせられている

WS000462

普段は「ママちゃん、ママちゃん、早く来て~」「ママちゃん、 ちょっとここに座って(とひざ枕を要求)」「ママちゃん背中かいて~」などと 赤ちゃん言葉で甘えることを、伊代が暴露

笑笑!!息子くんにも暴露されていましたよね。膝枕をしてもらいたいがために「ママ~早く来て~」と言っていると。しかも、子供の前でもイチャイチャしだして、さらに普通にキスをし出すので子供が気まずくなり退席するんですって。

長男くんは「おいおい勘弁してくれよ」と思っていたそうです。伊代さんのおもしろエピソードが沢山あることは有名な話。

子供が小さい頃、壁に落書きをしたのでヒロミが
「壁に落書きさせんなよ!」と伊代に注意するように言ったところ
「落書きしちゃダメ」と伊代ちゃんが壁に注意書きをした

WS000451

冷やしうどんを作ると言ったのに、麺が熱いとか、焼きそばを作るといって出したら具がない焼きそばだったりとか

ウチのママは味付けにこだわりがないので。料理は俺の方が100%うまい

TVで「アイドルと結婚しちゃったんだから
家事とかできなくて仕方ない」と言っていたのが印象的です。
全てを受け入れた男って覚悟ができていますね

こんなのは一部であって、普段はもっと面白いんだから!(ヒロミ)

だそうです。夫婦は楽しそうだけど、子供たちはヒロミさんが怖かった!

子供・息子・長男・次男

ヒロミさんと松本伊代さんには二人の息子くんがいます。長男が凌央(りょお)君
次男が隼輝 (としき)君

りょう君は現在大学1年だそうで情報によるとおそらく成城大学芸術学部だと思います。
幼稚園の頃が成城一本で通っており高校も成城高校の芸術学部だったそうなのでほぼほぼ予想は的中しているかなと思いますね。

2016年現在は、長男が大学生2回生で次男が高校3年生です。次男は、高校野球でも有名になりましたね。

WS000456

2015年の夏・高校野球の西東京大会に出場。惜しくも3回戦敗退となりました。

2016年の夏・高校野球西東京大会で14日、成城学園は1-8で専大付に敗れた。

ヒロミ、松本伊代夫妻の次男・小園隼輝は、「五番・捕手」で先発していた
最後の夏が終わり、両親に「ありがとうということしかない」と感謝した

次男くんの隼輝くんは、小学2年生の頃から野球を始めたそうです。ポジションはキャッチャー。クリーンナップの5番を任されています。長男くんは、俳優としてデビューしましたね~。

小園 凌央(こぞの りょお
生年月日 1995年9月9日
出生地 日本の旗 日本 東京都
身長 175 cm
血液型 B型
職業 俳優
ジャンル テレビドラマ・舞台
活動期間 2015年 –
著名な家族 ヒロミ(父)
松本伊代(母)
事務所 エー・チーム

WS000455

2015年9月に舞台『Letter2015』で俳優としてデビュー
2016年3月にNOTTVのドラマ『サクラ咲く』にレギュラー出演したのに続き、同年4月にフジテレビ系『僕のヤバイ妻』でテレビドラマ初出演を果たす

WS000445

ヒロミさんは凌央さんが出演したドラマ「僕のヤバイ妻」は観たそうで、「いらっしゃいませ」というシーンをふざけた感じでものまねされまくったそうです。

WS000458

僕のヤバイ妻の番宣の為にバイキングに出演していた視聴者から

「ブサイク」「態度が悪い」「言葉遣いが悪い」「華がない」「オーラがない」など色々と叩かれていました。

この言われようも家でヒロミさんに散々ネタにされたんでしょうね~。そして、次男はヒロミさんの血が濃いみたいで、家でも筋トレをし、長男に対して「ぶっ●してやる」などの暴言を毎日言っていたそうです。

WS000457
父と弟についていけない感があるようで、何かもめごとがあると「勘弁してくれ~」と思っているそうです。そんな、凌央くんは、母・伊代さんとは大の仲良し。顔もママに似ていると言われ、天然ぶりも似ているんだとか。

WS000446

ベットで母と遊んだりするぐらい仲良しなんですよね。因みにどんな遊びかっていうと、伊代さんをベットにぶん投げるんですって!笑

そして、伊代さんに凌央くんがババァ!と言った時に、伊代さんが、「パパ~ババァ~だって~」とチクった瞬間ヒロミさんが飛んできて凌央くんは張った押され馬乗りになられそこから記憶がないそうです。長男も次男もヒロミさんがとても怖いそうです。笑

WS000447

二人が小学生の時にお笑いコンビを組まされて「ガリ&デブ(次男)」で漫才をさせられダダ滑りしてトラウマになったとか。

WS000449

この家族は本当にネタが多いですよね~。全部知りたいぐらい面白いです。本当にこの家族から目が離せないですわ。面白くて。笑

スポンサーリンク