奥山佳恵がダウン症の子供(次男)を公表・告白・夫・画像・自宅は?

Pocket

今回は、奥山佳恵さんの子供と夫の事をまとめました。

子供のダウン症を告白

奥山さんは2002年6月に長男を出産。この時の奥山さんの年齢は28歳でした。2011年9月28日に自宅で次男を37歳で出産。一般的には高齢出産と言われる域です。

WS000543

二人の子供の名前は、長男が空良(そら)くん。次男が美良生(みらい)くん。
由来がブログに書いてあって”美しく、良く生きると書いて、「みらい」”ということでした。

2013年3月11日に自身のブログで次男くんのダウン症を告白。

WS000547

テレビでも2014年10月6日に「私の何がいけないの?SP」で告白。

次男がダウン症と知った時、奥山は「世界の色が消えた。とても受け入れられなかった」という。

それでも3年間、次男との日々を積み重ねた。葛藤が完全になくなることはないが、夫の稲葉さんが「ダウン症の子は決して不幸をもたらすようなことはないとお伝えしたい」と言うように、次男とともに明るく前に進む。

WS000549

当時は、受け入れられなかったんですね。

WS000546
しかし、長男・空良くんの言葉で前向きに受け止められるようになりました。

「全然大丈夫。もし、からかわれたら『うちの弟はゆっくり成長する。だから可愛い時間がたくさん楽しめるんだ。いいでしょ!』って自慢してやる!」
「最初はすごくショックだった。なんでだろうって。でも可愛いし、楽しいし。生まれてきてくれてありがとう」

当時14歳で中学生という年齢の長男。

WS000545

曇りない眼で子供は物事を見たり感じたりしますよね。長男・空良くんの言葉を聞いた周りの大人たちも「はっ」とさせられたと思います。

そして、夫の「可愛いっていう気持ちだけでいいんじゃないの?」という言葉で救われたそうです。次男くんの事が可愛くてたまらない奥山夫妻。

悲観している時間はない。その時を楽しまないと損ですね。素敵な家族に囲まれて皆に守られ次男・美良生くんも幸せそうに過ごしています。

実は、次男くん、新生児の時に「心室中核欠損症という病気でした。(心臓に穴が空いている状態)」なので、生後8か月の間に合計5回入院をし、手術は3回受けました。事実を知ったこちらもなんだか胸が詰まる気持ちになりましたね。

心室中核欠損症とは
心臓には右心房、右心室、左心房、左心室の4つの部屋がありますが、そのうち右心室と左心室の間を隔てる壁つまり心室中隔に孔があいた病気を心室中隔欠損症と呼びます。
先天性の小児心臓病で最も多く見られる。

ダウン症候群とは
ダウン症は、体細胞の21番 染色体が1本余分に存在し、計3本(トリソミー症)持つことによって発症する、先天性の 疾患群。新生児に最も多い遺伝子疾患である。

これからも沢山の試練が待ち受けていると思いますが、この家族なら大丈夫そうですね。ダウン症の子供をもつ夫婦の離婚が多いと言われていますが、アメリカでは、ダウン症の子供をもつ夫婦の方が健常児の夫婦より離婚率が低いという結果が出ているそうです。

WS000550

スポンサーリンク

夫(旦那)との馴れ初め

二人が出会ったきっかけは。。。夫である稲葉功二郎さんはヘアメイクアップアートの勉強をしにアメリカで修行をしていました。そして、日本に一時帰国をした際に奥山佳恵さんと出会ったのです。

その後、プロになった稲葉さんが担当したのが奥山さんだったんですね~。二人は運命を感じちゃいました!

WS000551

2001年にゴールイン!都会での生きづらさを感じていた二人は神奈川県藤沢市に移住されました。というか、旦那さんの趣味であるサーフィンをしたいが為に移住したようなものでしょうね。

WS000544

自宅から海まで徒歩1分!!潮風とか家のメンテナンス大変そうだな~と思いながらも長男・空良くんが9ヶ月の時に引っ越したようです。夫婦は子育てには最高の環境だと話しています。

WS000553

夫婦で。家族で助け合って生きているのが伝わります。

スポンサーリンク