大渕愛子の息子の頭にヘルメット?ダウン症?名前と年齢とスクール


大渕愛子さんと言えば、「行列のできる法律相談所」の番組に出演されていましたが、着手金問題で懲戒処分・業務停止処分を受け番組出演を自粛する形になりました。とても残でしたが、今もなお弁護士として注目を浴びています。今回は、大渕愛子さんの子供たちについてまとめました。

息子の頭にヘルメット?

次男・昴生くん(5カ月)の頭の形を整えるため、矯正用のヘルメットを装着する治療を開始すると報告した。

次男くんは、産まれたときから左側半分が絶壁になっていて全体的に歪んでいたそうで、それを矯正しているようですね。赤ちゃんの頭は柔らかいので徐々に形は整ってくると思われます。

私の息子も産まれる時にひねり出されたので顔や鼻歪んでいました(/ω\)今は普通に戻っていますが、最初見たときはショックでしたね。

他にも赤ちゃんの頭にスッポンをはめ引っ張る事があるのですが、その場合、頭がヒョウタンのようになることが多いようです。仙人みたいな感じですね。

それも徐々に戻っていく事が多いです。大渕さんの次男くんは病気ではなく、出産の際に生じた何らかの原因で絶壁になったのではないかと考えられます。

「絶壁のところも少し丸みが出てきましたが、まだまだで…」

「先生や家族と相談のうえ、治療用のヘルメットを作ることにしました」

自然に治るのが遅い事から専用ヘルメットを作ったんですね。1歳頃に治るのではないかと思われますが、絶壁になる子供は多いです。

因みにヘルメットは1日に23時間装着しているようです。寝苦しいのではないか?と心配しています。うつ伏せで寝ている様子ですが、やはり左側を向いて寝るのが楽なのでしょうね。

しかし、画像を見る限り、気にする程の絶壁でもない気もしますね。

スポンサーリンク

ダウン症?

長男の誕生と共にダウン症ではないかと検索される方がいますが、ダウン症という事実は確認できていません。すくすくと元気に成長しているようですね。

大渕さんは、37歳での高齢出産だった事から子供のダウン症や発達障害のリスクが高くなるとされていましたが、大丈夫だったようです。これらのリスクはあくまでも可能性が高いという数値的な話なので高齢出産が必ずしも当てはまるものではありません。

名前と年齢とスクール

2015年3月26日に第一子となる長男を37歳で出産。名前は侑生(ゆうせい)くんです。

人を庇い助けるような強く優しい子になってくれたら嬉しい

このような思いで初めてのプレゼント(名前)を贈ったのですね。年齢は2歳になりました。ブログで顔写真を公開されていましたが、今は非公開になりました。

ブログで紹介された長男くんの逆さバイバイが話題になっていました。(手を振る時に相手に手の甲を向けてバイバイする)私の息子は手首をひねりながらバイバイをしていましたので、色んなバイバイがあるのだなと思いました。

子供によってバイバイの仕方が違うのでこれも子供を育てる楽しみの一つだと思います。まだ、スクールには通っていないようです。

2016年12月6日に第二子となる次男を39歳で出産。名前は昂生(こうせい)くんです。何故、昂生(こうせい)にしたのかは書かれていませんでしたが、産まれる前から名前は決まっていたようです。

「こうせい」にしようと、名前の音は決まっていたのですが、漢字を決めるのに時間がかかりました字画や意味や文字のバランス、次男の雰囲気に合うかどうかなど、いろいろな要素を考えた結果、最終的に、この「昂」という漢字に

「昴(すばる)」という漢字に似ていますが、一画少ない、違う漢字です。

夫である金山一彦さんのブログでは、

侑生は優しいイメージ、昂生は男らしいイメージなんです。笑

だそうです。優しい長男に男らしい次男に育ちそうですね。二人の成長が楽しみですね。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です