西山茉希&早乙女太一の子供の名前と年齢は?ブサイク?保育園?2人目?

西山茉希さんと早乙女太一さんは2013年6月30日に結婚されました。西山さんの方が6歳年上という歳の差カップル。2017年で結婚4年目になる夫婦ですが、色んな波乱があったようです。西山さんの事務所問題にDV。今回は、これからの問題と二人の子供についてまとめました。

子供の性別・名前・年齢

2013年10月30日に第一子となる長女を出産。2016年4月11日に第二子となる次女を出産。次女を妊娠中に切迫早産の為に緊急入院をされていました。予定日より早い妊娠35週で出産されています。

『ママの産道をひとり全力で通り抜けてきてくれたちびちびさん』

『無事に出産を終えました。
母子共に健康です。
すべてが当たり前ではないことを忘れずに、お誕生日に感謝し、
これから家族4人でまた進んでいきます。』

母子無事で健康で良かったですよね。夫の早乙女さんと長女も一緒に立ち合ったようです。姉妹可愛いですね。

どちらも名前は非公開ですが、長女は「ちびパンさん」次女は「ちびちびさん」姉妹の事を「ウブゲーズ」「ハイテンションズ」「相棒」など色んな呼び方で呼んでいます。

年齢は、2017年で長女が4歳、次女が1歳になります。幼稚園だったら3年保育だとしたらもう入園していますがそのような情報は一切ありませんでした。

2年保育だったら来年入園予定ですが、保育園に通われているのかな?どこかに通っているという情報が見当たりませんでした。

スポンサードリンク

ブサイク?

西山茉希の子供ブサイクってどんなキーワードやねん。子供に謝れ!すみません。とても可愛い姉妹です。なんたって西山茉希の子供ですから美人確定です!

とても仲良しのようですね。寝顔は天使・起きたらモンスターと言っています。わかるわその気持ち。

二人の馴れ初め

二人の出会いのきっかけは西山さんの元マネージャーだった。元マネージャーが早乙女さんのマネージャーになり二人の仲をもったそうです。デートのセッティングもこのマネージャーの計らいだった。しかし、当時19歳だった早乙女さんはこう話していました。

早乙女は当時の西山を「本当に偏屈で、すぐ人を勝手な自分のイメージで決めてしまう性格だった」と語り、出会った頃は西山に「なんかよく喋って、すごい八方美人で、本当のことなんか言ってないんだろうな」と、あまり良くない印象をもっていたのだそう。そのため当初は「何を言われても信じない」と西山に対して思っていたものの、いつの間にか親しくなっていったのだという。

西山さんの明るい性格に魅了されたのかな?交際に発展した二人の激しい喧嘩をスクープされる。

DV

2012年5月DV騒動勃発!

「個室に通された一行は、一気飲みをするなど大盛上がり。完全に酔っ払った西山さんのテンションは最高潮で、みんなの前で下ネタを連発するほどでした。そんな彼女の姿を見て、早乙女さんが注意したことから、次第に険悪な空気になったようです」(飲食店関係者)

えっ西山さん?すごい角度になっているよ。早乙女さん酷いよ!

2012年5月11日深夜、早乙女が路上で西山へ暴力行為に及んだ一部始終を報じている。その日、早乙女は「いつもそう。もう別れよ」と別れ話を切り出した西山に つかみかかり、力任せに突き飛ばした。ガードレールにめり込んだ西山は、アスファルトへ打ち付けられていた。そして激昂した彼は、西山に向かって「お前と いっしょにいたいんだよ!」と叫んでいた。

えっ!暴力はいけないけど彼女のダメなところを直してあげようとしている?

別れ話を切り出した西山に、早乙女はキレた。彼女につかみかかると、力任せに突き飛ばす。ガードレールにめり込んだ西山はアスファルトへ打ち付けられた。起き上がる彼女の喉元を、早乙女は再びつかみガードレールに叩きつける。

えっ!?ドン引きレベルの話やで。女が泣き出すまでやるとは。。。しかし、これに対して早乙女さんはブログでこうコメントしました。

初めての大きな喧嘩で
引き止める事で掴み合いになり
思い切り引いたせいで倒れさせてしまい
人として男として失格してしまいました
彼女とはその日の内に落ち着いて話し合いをしました
反省し、約束し
二度と同じ事がないよう同じ繰り返しをしない事を肝に命じて
一緒に歩んで行きたいと思っています。

後日開かれた会見でのコメント

彼女が家から出て行こうとして、引きとめようとしたのがきっかけで、つかみ合いになって、思いっきり引っ張ってしまって(西山が)倒れてしまった。(西山の)怪我は大丈夫です。

この喧嘩に対して西山さんはテレビでこうコメントしていました。

ゲストの久本雅美が「『○○なぞなぞ』が原因やったわけ?」と聞くと、西山は一瞬戸惑いながら「『○○なぞなぞ』が原因です…」と答え、笑いを誘った。

下ネタが原因だったんじゃないの?なぞなぞとは下ネタのなぞなぞを出していたって事?どうあれ大した理由ではない事がわかりました。

2人ともお酒が入っていたし。会話の中で、僕が気になることを彼女に言ってケンカになった。でも、今までの2人の不満だったり、積み重ねが、その時に爆発してしまった。その時、起きたことがすべてじゃない

普段の不満が積もり積もった結果ですね。でも暴力はいけないな~。早乙女さんは、幼少期に父親から厳しい躾をされていて毎日ボコボコだった事を話していました。ここからDVは始まったのか。子供の頃の暴力を受けてきた人は繰り返す。

負の連鎖なんて皮肉も聞こえてきます。実の弟は兄の早乙女太一の性格を「負けず嫌い」「気が荒い」と言っていました。この暴行事件から翌月の6月にも路上で喧嘩勃発!

6月下旬のある日の夜10時過ぎ、東京・六本木の大通り沿いで、こんな険悪なムードを漂わせていた西山茉希(26才)&早乙女太一(20才)。

早乙女に置いてきぼりにされた西山はトボトボと歩き出す。

数分後、彼女の前に現れたのは、別のイケメンだった。

別のイケメンってホンマかいな。先月の大喧嘩から二人はマークされている事はわかっていたと思うのですが、まったく気にしていませんね。そして、2013年1月に一度2人は破局しました。

1月22日、西山は会見で、早乙女太一(21才)との破局を受けて「今まで一緒に生活していたおうちを離れていることは事実」と語った。昨年2月に熱愛宣言してから約1年。結婚前提の交際だったが、昨年末、同棲を解消したという。

破局の原因は早乙女さんの束縛ではないかと言われています。

「早乙女さんの束縛がひどくて、茉希は女友達と遊びに行くのだって大変でした。最初は愛されている証拠という感じでしたが、だんだんしんどくなっていったようです。けんかのたびに暴力もあったみたいだし…」(ファッション誌関係者)

喧嘩のたびに暴力|д゚)しかし、破局してから3ヶ月後に妊娠を発表。別れる前にそういう行為をしていたのですね。というか別れるギリギリに行為をしていた事になりますね。2013年4月の時点で妊娠3ヵ月ですから。

だいたい妊娠に気づくのって3ヶ月頃なんですよね。生理がこないな~おかしいな~って感じで。という事で二人は2013年6月30日に婚姻届けを提出し晴れて夫婦になりました。DVが気になるところですが、結婚後にそのような話は確認できていません。

事務所問題

2人目の出産1ヵ月後に仕事復帰されています。どえらいですよ。何故、こんなに早い復帰をしたのか?それは、早乙女さんから生活費等を全くもらっていない事を過去に暴露している事から想像がつきます。

夫婦の財布は完全に別々。早乙女さんは家賃だけを負担しているようです。えーーー。残念な旦那なんて皮肉の声も聞こえます。団員たちには食事などをおごっていたそうです。大衆演劇「劇団 朱雀」二代目でしたので仕方がなかったのかも知れませんが・・・。(劇団朱雀は2015年2月に解散。)

まぁ、色んな夫婦の形がありますよね。旦那の稼ぎをあてにしていない西山さんは必死に仕事をこなしていましたが、まさかの事務所から1円も貰っていない事実が発覚!どえらい事ですよ~。奴隷契約とも言われる内容がまた酷い内容でした。

「事務所が私を拾ってくださったことは事実ですし、本当に恩を感じています。でも、普通だと思っていたことが普通ではなかったとようやくわかったんです。過去に3、4回、社長に『事務所を辞めさせてください』と言ったこともありました。ただ、最初に『辞めたい』と言ったときに、“西山がいっぱいお金を欲しがっている”という噂が流れたんです。さらに“私の親がお金を欲しがっている”という噂まで。ある人に『社長の周りの人から聞いたよ』と言われて、『ああ、あれは言ってはいけないセリフだったんだ』と思いました」

芸能人の噂は事務所から流される事もあるんですね。怖い印象しか残りませんね。更にこんな事実もわかってきました。

「19歳でデビューして13年間、いただいている月給額はまったく変わっていません。それでも生活できているし“これでやっていこう”という気持ちのほうが強かった。でも去年2人目の子を妊娠し、切迫流産で入院しているときに、突然、社長から『給料を半額にする』と言われました。社長に『今月から減給ということですか?』とメールしたら、『もっと冷静な文章をください』とはぐらかされて。“これ以上は聞くな”ということだと思いました」

完全に社長にはぐらかされている。この事務所のおかげでやってこれた。だから恩返しのつもりで頑張って来たのにって話ですよね。社長の言い分が完全におかしい件。

「西山が取材に答えたんですか?どうにでも、好きなように書いてもらって構わないですよ。それがいきなり、週刊誌に出るって……。そういうことなら、僕も徹底的に抗戦すると彼女に伝えてくださいよ。じつは、マネージャーの1人が3500万円も横領していたんです。警察にも相談しています。広域暴力団も絡む事件で、これがなければ彼女にももっと払えていたかもしれません。時間を取ってくれれば、きちんとすべて説明しますよ。来週号で?構いませんよ」

マネージャーの横領は西山さんには関係のない話で、給料未払いにする理由にはならないですよね。そして、13年間一体いくらもらっていたのか気になって調べていましたら、

月100万円税込みの給料とは別にその他600万円の家具を買ってもらったり、運転手付きの車を用意してもらっていたようです。しかし、あれだけメディアで活躍していたのに月100万円は安いですよね。

600万円の家具はどうなんだって話ですが、家具の話は本当かどうかわかりません。社長の言い分が信用できないですね。西山さんの話の方が信憑性があり、事実と思いたいです。

1本のギャラが当時500~800万円もらっていたそうで、そこから100万円しか貰えず、年間を通すと2~3億円ほど西山さん一人で稼いでいたようです。

西山さんは、今後の事についてこのように述べています。

私なんかに高額なギャラは必要ないですし、求めていただけるなら、素直な気持ちで応えていきたいです。今回のことは、絶対に乗り越えます。ゼロからの再スタートですが、新潟の女ですし、へこたれてられないです」

謙虚ですね。新潟の女=杉と男は育たないという言葉があり、越後の女は忍耐強いと言われています。因みに、日本一離婚率が低いのは新潟県だそうですよ。

話がずれましたが、両者どちらも弁護士を交えて法廷で戦うことになりそうです。2人の子供を育てながらの仕事や事務所探しは大変そうです。体に気を付けて負けずに頑張ってほしいですね。

スポンサードリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です