高岡早紀の子供3人目?父親は?アナザースカイ?娘・ハワイの学校?年齢と名前


高岡早紀さん何年たってもいくつになっても綺麗なままですね~魔性の女・美魔女。色んな異名をお持ちです。今回は、高岡早紀さんの気になるキーワードをまとめました。

子供3人目?

高岡さんは、保阪尚希さんとの間に2人の息子がいます。(高岡さんと保坂さんの馴れ初めから離婚まとめは記事下です)

1998年に長男:虎太郎(こたろう)くんが誕生。

2000年に次男:龍人(りゅうじ)くんが誕生。

2011年に長女誕生。名前は非公開です。

むむ。娘の父親は誰だ?

スポンサーリンク

父親は誰?

保坂さんと離婚後、6歳年上の実業家と交際。出会ってすぐに妊娠したそうです。この彼氏とは結婚しておらず、事実婚として一緒に暮らしていましたが、この彼氏は出資者から集めた1億円を持ち逃げした事が理由で破局。

娘の父親はこの彼氏なのですが、現在は新たに一般男性の実業家と再婚。おー。この男性とは結婚したんですね~。前の彼氏に不安があったのかな、実際、その不安は当たりましたね。

現在の旦那さんは~

2014年頃からのパートナーは、外食産業ダイヤモンドダイニング社長の松村厚久年商240億円で従業員数も3000人以上という規模の社長。

前の彼氏とは結婚せず、この男性と結婚した理由は社会的自立が大きな理由だったのではないでしょうか。高岡さん見抜いてますね~。しかし、2015年の株式総会で松村さんを見た多くの人が「社長の体調が悪いのでは?」と思うような事があったようです。パーキンソン病?多系統萎縮?などが疑われていますね。

そして、すぐにパーキンソン病を告白。病気の事をすべて公表。すでに病気の症状をかくしきれなくなった。

衝撃の告白だった。東京・銀座の「ヴァンパイアカフェ」や「ベルサイユの豚」など、数々のユニークな食空間を展開することで知られるダイヤモンドダイニング。その創業者で、「外食業界のファンタジスタ」と賞される松村厚久(48)が、若年性パーキンソン病であることを公にしたのだ。「これから何が起ころうと、決して屈しない。熱狂こそ、与えられた試練に対する答えだ」。病気と戦いながら懸命に経営を続ける松村の姿勢が、人々に勇気を与えている。

難病で知られていて完全治癒は難しいそうです。「熱狂宣言」という本を出されています。株主の不安を除く為に出したとも思われます。

家族で夕食

アナザースカイ

アナザースカイに出演。この時、ハワイに留学している息子たちとの事が取り上げられていました。当時、長男は17歳で次男14歳でした。反抗期真っただ中ですね。

親子の関係は悪くもなく普通な感じでした。息子たちからしたら親は親という感じなのでしょうね。言い出したら一杯不満が出てきそうですけどね。

母親の不倫のせいで次男が4歳の時に両親が離婚しているのですから。親権は保坂さんがもっていました。

現在、息子たちは高岡さんと暮らしていましたが、そのままハワイに暮らしているようです。娘は高岡さんが育てていますね。子供たちの年齢は2017年で長男19歳・次男17歳・長女6歳になります。娘ちゃんもインターナショナルスクールに通っているのかな。

息子たちは日本のインタナショナルスクールに通っていたのですが、交友関係を問題視した高岡さんがハワイに連れて行ったとか。学校名は非公開です。

40代で写真集を出した理由は子供たちの教育費を捻出するためではないかと噂されています。教育費だけでも一人数百万かかっているようですから、大変ですね。

保阪尚希との馴れ初め

1996年~2004年の8年間まで夫婦でした。

二人が出会ったのは連続ドラマ『ひと夏のプロポーズ』(TBS系・1996年)での共演がきっかけ。

4ヵ月の交際のスピード婚。結婚会見の時はとても幸せそうでした。保坂さんはバツイチだったので再婚という事になります。高岡さんの前に一般女性と結婚していました。

離婚原因

一番の原因は高岡さんの不倫でした。保坂さんが離婚10年目にして暴露。

’04年に彼女とミュージシャン(布袋寅泰)の不倫報道が出たとき、僕はマレーシアにいました。その翌日、彼女から電話がかかってきたんです。

「尚ちゃん、今から帰りの飛行機を変えられない?空港と家が大変なことになってるの」と言われました。僕は「そんなことできないよ」と言って、そのまま帰国しました。

彼女は移り気な性格だったので、遅かれ早かれ離婚は避けられないと思っていたんです。

夜中に帰ってきた彼女から、「離婚して」と迫られたこともありました。そのとき、「子どもの問題はどうするの?」と尋ねてみました。

すると彼女は、「尚ちゃんに親権をあげるから」と言うんです。それ以来、「そこまで言うなら、結婚はもう長く続かないだろうな」と覚悟していました。

彼女は結婚して子どもを産んでからも、母親であるより、女としての部分のほうが強かったんでしょう。

離婚後は半年ほど家庭内別居を続け、徐々に僕たちが別れることを、子どもたちに理解させました。

僕は裁判をして慰謝料をとるという選択肢を選びませんでした。怒りを仕事へのエネルギーに転化して、離婚を乗り越えることができた。どんな辛い経験からでも学ぶことはあると、彼女に教えられた気がします。

お、大人ですね。当時、毎朝子供たちのお弁当を保坂さんが作っていたようです。その後、保坂さんの活動ですが、驚いた事に僧侶になっていました。

2007年3月22日、記者会見を開き、同年4月12日に熊本県合志市の六水院で得度を受け、両親の33回忌供養のために仏門に入る旨を明らかにした。剃髪は行わず、芸能活動も継続、法名は尚陽。翌年、両親の供養が終わった後に法名を返納、僧侶としての活動を終える。

その後の活動~

保阪尚希さんは現在、料理の腕前や知識を活かして調理器具のプロデュースを行うアドバイザーとして活躍されているそうです。

こちらで成功されているようです。因みに再婚の噂はまだないようです。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です