北島三郎の息子が2人だったが一人は孤独死その原因は?

北島三郎さんに5人もの子供さんがいたとは!3人の娘さんたちと2人の息子さんたち。長女と次女と長男は一般人の為、あまり情報がありませんが、三女は水町レイコという芸名で活躍されています。

また、次男の大野誠さんは大地 土子(だいち とこ)のペンネームで活躍されていました。しかし、この誠さんは、何故か孤独死をしたのです。今回は、次男の大野誠さんについてまとめました。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

大野誠

次男の大野誠は、ロックバンド『1st BLOOD』のボーカル“MAKOTO”として、1988年にデビュー。シングル「American Dream」は北島の「年輪」とオリコンシングルチャートに同時チャートインし、オリコン史上初の「親子同時チャートイン」を記録した。

当時既に“MAKOTO”の芸名で活躍していた北野誠がいたが、北島側が北野に“MAKOTO”名義を譲って貰えるよう申し入れをし、北野は芸名を本名に改名した。

『1st BLOOD』は2枚のアルバムを発売後、解散。誠はその後大地土子(だいち とこ)のペンネームで、北島の曲の作詞・作曲を手がけている。北島音楽出版の役員も務めていた。。2018年3月3日、死去しているところを発見された。心不全とみられる。(享年51)

Wikipediaから丸まる引用したのですが、当時、週刊誌では孤独死と書かれていましたが、本当は孤独死ではなかったようです。

孤独死はウソ

誠さんが発見されたのは調布市内にある借家でした(一戸建て)。急逝した事に驚きを隠せない周囲。親しい酒屋さんはこうコメントしています。

「最近は自分でも体調のことを気にしていました。『どうも(肝臓の)調子が悪くてね。(愛飲していたウオッカよりも)度数が低い焼酎とかも飲んでみようかな』と言っていました」

肝臓が悪くなるほどにお酒を飲んでいたんですね。死因は「心不全」。心不全になる原因にアルコールがあります。他にもストレスや過労など様々な要因が考えられますが何が原因かは明らかにされていません。

週刊誌では、孤独死と書かれていましたが、なぜ孤独死と書かれたのか?それは、死後1週間後に発見されたからです。

実は、彼女と半同棲中だった誠さんですが、たまたま彼女が実家に帰っていた時に突然死していた事がわかりました。北島三郎さんの長男:龍さんが、何度も連絡をするも全く連絡がつかない事から家まで行ったら倒れている誠さんを発見。

すぐに救急車を呼ぶも時すでに遅し。。。でした。家族や関係者、またファンはとても悲しみました。子供の頃からおじゃる丸を見ていた子が大人になってその子供もおじゃる丸を見て・・・。

この曲を知らない人はいないのではないか?というほど人気の作曲家でした。誠さんの当時の彼女は北島さんもお気に入りだったそうで、一緒にご飯を食べたりしていたそうです。北島さんも早く身を固めるよう促していたそうですが、誠さんは「そのうちに」と言ってそのままでした。

最愛の息子。最愛の彼氏。失った人の気持ちを考えると胸が張り裂けそうですね。北島さんは、「俺が出来る事は、まだ世に出ていない息子の曲を披露する事だ」とコメントされていました。これからどんな曲が出てくるか楽しみでもあります。

サブちゃんの父親の愛を感じますね。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください