布川敏和の息子と娘の学校は?難病とうつ病で家族崩壊

布川敏和さん事「ふっくん」には子供が3人います。3人ともタレントとして活躍されていますが、夫婦は熟年離婚をしており、また過去に娘の難病に自身のうつ病と戦っていました。今回は、子供たちと病気、布川さんのうつ病についてまとめました。

布川敏和さんと元妻つちやかおりさんの離婚原因記事はこちらから

布川敏和の息子と娘の学校は?

やはり芸能人の子供がタレントとして活躍されている中で気になるのが、出身校ですよね。息子の隼太くんは堀越高校だったそうで、その後は文系の大学に進学したそうです。

大学名は伏せていましたが、ブログで文系に進んだと公表しています。長女の布川桃花さんの大学は、文化学園大学服装学部服装社会学科という事は有名ですが、高校は東京都品川区の文教大付属高校ではないかと噂されています。

次女の布川花音さんは、布川敏和さんのブログの画像を見たネット民が「制服から東京都市大学付属小学校(旧東横学園小学校)ではないか?」と話題になりました。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

子供たちの誕生日と年齢

2019年の年齢

長男:布川 隼汰(ふかわ しゅんた)1992年8月25日(27歳)
長女:布川 桃花(ふかわ ももか)1994年3月30日(25歳)
次女:布川花音(ふかわかのん)2001年1月12日(18歳)

次女だけ成人していないんですね。2014年夫婦が離婚した当時は、13歳だったんですね~。中学生の時か。本当に相当な覚悟をして娘を連れて出て行ったんですね。

次女が難病

次女が生まれた時から頭蓋底奇形腫(ずがいていきけいしゅ)という難病だという事が判明。ミルクが飲めないので胃に穴を開け、直接ミルクを流す「胃ろう」の手術と腫瘍を取り除く手術を4回受けて完治したそうです。

引用:布川敏和さんのアメブロから

うつ病で家族崩壊

次女の難病と布川敏和さんのご両親の死が重なり敏和さんは、仕事に支障が出る程酒におぼれうつ病を発症。元妻からしたら浮気わするわ、酒におぼれるわ仕事は減るわ。更に、3人の子供のお世話をしながらの次女の闘病生活。

そんな中でも家事などやる事が沢山あって酒におぼれる暇もない。どんどん妻のつちやかおりさんは追い込まれとうとう、自身も不倫を認め次女を連れて敏和さんの元を離れました。

不運は重なる時は重なるんですよね。美輪明宏さんも「こういう時に限って不運が重なる。人生ってこうなのよ」とある番組でおっしゃっていました。続く時は続くけど、ずっとそのままではない。今の布川家族は、夫婦は離婚しましたが、子供たちとの関係は良好のようです。

失ってから気づいても遅いけど、気づかないよりはマシ。子供たちも芸能一家である限り、何かと話題になりますが、それは布川夫妻の功績とも言えるでしょう。次女の花音ちゃんがまだ未成年なので成人するまで元夫婦ですが、子育ての責任を果たす事でしょう。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください